外国為替証拠金取引(FX)業者まとめましたっ!

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

利用しないと損だといえるネット銀行、ジャパンネット銀行の紹介をしたいと思います。ジャパンネット銀行は、2000年(平成12年)9月19日にさくら銀行(現・三井住友銀行)、住友銀行(現・三井住友銀行)、富士通、日本生命保険、東京電力、三井物産、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、NTT東日本の出資により設立。同年10月12日に開業しました。せっかくなので、ジャパンネット銀行(ジャパンネットバンク)を「便利さ」「手数料の安さ」「金利の高さ」「サービスの豊富さ」「信頼性」の点から評価してみました。

(1)便利さ

ジャパンネット銀行は、コンビニや郵便局など、幅広いATMから入出金ができるようになっていて、夜間や日祝日などでも、現金の引出しには困りません。リアルタイム即時入金、給与振込、公共料金の自動引き落としに対応している点など、ネットバンクの便利なサービスは全て揃っています。

  • 三井住友銀行
  • 郵便局
  • am/pm(アットバンク)
  • セブン銀行(セブンイレブン・イトーヨーカードー)
  • イーネット(ファミリーマート・ミニストップ)ATM
(2)手数料の安さ
  • 相手(振込先)がジャパンネット銀行口座であれば、どんなに大きな金額を振込んでも「52円」以上の振込手数料はかからないので、とてもお得です。そしてもちろん、振込がすぐに反映されるリアルタイム送金です。また、ジャパンネット銀行は、ジャパンネット銀行以外の他の銀行にお金を振込む場合も、振込み手数料が「168円~262円」となっていて、店舗型の一般銀行と比較するとかなりお得です。
  • ただ、他のネットバンクと比較すると、手数料の面では明らかに安いとは言い切れません。例えば、新生銀行や住信SBIネット銀行、楽天銀行(旧イーバンク銀行)の場合は、同じ銀行同士なら手数料が無料です。これを考えると、ジャパンネット銀行の振込手数料は明らかに安いとまでは言えませんよね。
  • しかし、相手がジャパンネット銀行の場合は、自分が楽天銀行の場合は160円の振込手数料がかかりますし、新生銀行を利用している場合でも、月の振込回数が3回を超えると300円の振込手数料がかかります。これを考えると、やはりジャパンネット銀行と取引をする可能性があるのであれば、口座を持っていた方が安心だと言えます。もちろん、インターネットオークションを利用する方は必須です(笑)。
(3)金利の高さ

普通預金の金利 :0.03~0.05%

(4)サービスの豊富さ

ジャパンネット銀行のサービスは、上に書いたリアルタイム即時入金、給与振込、公共料金の自動引き落としに対応している点以外にも、かなり豊富です。法人、個人事業主(自営業)の方は、ぜひジャパンネット銀行 ビジネスアカウントを活用して下さい。私も利用していますが、とても便利です。個人の方の場合にも、ジャパンネット銀行は、ネットバンクの特徴である「リアルタイム入金」、「同じ銀行同士なら、一律52円の格安手数料」、「ATM利用手数料が無料(条件あり)」と便利なサービスが揃っていますし、公共料金の引き落としにも対応していますので、メインのネットバンクとして利用しても良いでしょう。

(5)信頼性

「ジャパンネット銀行の一番の特徴は何か?」と聞かれれば、やはり、「信頼性が高いこと」ではないかと思います。ジャパンネット銀行は、ジャパンネット銀行の株主構成でも説明したように、都市銀行大手の三井住友銀行をはじめとする、多くの信頼できる優良企業に認められ、そして、出資して作られたネットバンクですので、他のネットバンクと比較すると、信頼性の面での安心感はかなり高いです。そして、ジャパンネット銀行は、検索エンジン最大手のYahoo!Japanと提携しましたので、Yahoo!Japanとの連携サービスや、今後の更なるサービスの充実も期待できます。

(6)盗難・不正使用の補償

盗難・不正使用の補償も充実しています。

  • キャッシュカード盗難保険:最高50万円
  • 預金口座不正使用保険:最高500万円

ジャパンネット銀行の特徴

ジャパンネット銀行のビジネスアカウントでも説明しましたが、ジャパンネット銀行の法人口座は、サービスがかなり充実している上に、手数料体系も個人口座と変わりがないので、他の銀行と比較して、かなりお得感があります。また、オークションの取引相手や、自社の顧客等がジャパンネット銀行を持っている場合、顧客はJNB-J振を利用して簡単に振込みができ、また、振り込まれたお金はリアルタイムで確認できるので、顧客や取引相手への素早い対応が可能です。

FXしてみたいですか?

ジャパンネット銀行の特徴

  • 振込手数料は、一般の銀行に比べ比較的低廉に設定されています。かつてはiモード対応携帯電話からJNB相互間の振込をする場合の振込手数料10円(1回あたり)を売りにしていましたが、EZwebおよびJ-スカイ(旧ボーダフォンライブ!、現Yahoo!ケータイ)対応に伴い、2003年(平成15年)4月からはパソコンからと同額の52円に値上げしました。
  • 個人と法人間のインターネットを利用したオークションやネットショッピングなどによる小額の決済業務、証券会社・商品先物取引会社・FX業者などの口座への入出金等の決済業務に特化しています。例えば、Yahoo!オークションと提携し、落札後の決済を行なえるようにするなどです。他にも、投資信託の販売業務、カードローンなどの個人向け融資業務にも注力しています。
  • 2008年(平成20年)6月19日にはtoto(サッカーくじ)の販売が開始されました(イーバンク銀行(現:楽天銀行)に次いで2行目)。
  • 預金取引などを扱う窓口のある支店店舗は一切なく、本店営業部のみとなります。手数料が割高である事から、利用者は一部に限られます。支店そのものはワンタイム口座専用支店や各種サービス専用の支店、また一般口座として2009年(平成21年)9月17日開設(12月3日受付開始)の「すずめ支店」などがありますが、店舗所在地は本店営業部と同一です。
  • 当初の口座取扱店は本店営業部のみでしたが、2006年(平成18年)10月26日、Yahoo!ネットバンキング開始に伴い、ワンタイム振込専用の支店が開設されました。この支店名には星座名が採用されました。他にも各種サービスのための専用支店が開設され、樹木や鳥類から支店名が採られています。一般口座も2009年(平成21年)9月17日に新たに「すずめ支店」が開設され(実際の稼働開始は2009年(平成21年)12月3日以降受付分となりました。)、それ以外にも鳥類から採った支店がいくつか準備されていて、新規支店は今後も口座保有者の増加に伴い逐次開設される予定となっているようです。
  • 口座数は日本初のネット銀行として当初はトップを保っていましたが、2005年(平成17年)にイーバンク銀行(現・楽天銀行)に追い越されています。
  • 現金の入出金は、三井住友銀行、アットバンク(福岡県内を除く。)、セブン銀行、イーネット、ゆうちょ銀行のATM網を利用して行いますが、手数料が必要となります。ただし、取引条件によってはATM利用手数料が無料となる(詳細は後述)。なお、セブン銀行・ゆうちょ銀行以外の提携ATMでは三井住友銀行のATMネットワークを経由しての利用となるため毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00の間は利用出来ました。
  • 取引状況はネットバンキング上で照会できるため、預金通帳は無く(月ごとの利用明細送付は有料で可能)、原則ネットバンキングによる取引となります。なお一部取引については本店窓口でも取り扱います。また窓口でしか出来ない処理もあります。
外国為替証拠金取引のことをFXといいます。

ジャパンネット銀行の振込手数料

  • 本店窓口の場合、ジャパンネット銀行内の口座宛ては3万円未満が630円、3万円以上が1050円、他の金融機関宛ては3万円未満が1260円、3万円以上が1680円です。ただし、前月中の普通預金と定期預金の合計平均残高が3000万円以上の場合、上記の振込手数料は月5回まで無料です。
  • ネットバンキングにおいては、ジャパンネット銀行の口座間は52円、他行宛ては3万円未満が168円、3万円以上が262円です。
直接、現地で住宅を見てみませんか?実際の現地をお客様の目でご確認ください。さいたま 不動産なら当社へ!