外国為替証拠金取引(FX)業者まとめましたっ!

野村證券

野村證券

野村證券は日本最大の証券会社です。登記上の本店は東京の日本橋本社ですが、近年では役員が東京・大手町本社(東京都千代田区大手町二丁目2番2号 アーバンネット大手町ビル)に在駐しているため、本社機能は大手町に移っています。野村グループの証券業務における中核会社で、1925年創業。現在は持株会社制に移行して野村ホールディングスの傘下となり、設立は1918年(大正7年)年に資本金は500万円で第1回払込みとして250万が徴集され、10万株のうち野村合名が98000株 (98%) を所有し、残りも徳七個人の800株をはじめ、すべて野村一族、大番頭らによって出資されました。

FXしてみたいですか?

設立

野村財閥の二代目 野村徳七によって設立された大阪野村銀行(後の大和銀行・現:りそな銀行)の証券部が独立し1925年(大正14年)12月1日に野村財閥の総司令部である野村合名の直系会社として創立された経緯があります。当時の社長は片岡音吾で、本店は大阪市東区安土町2丁目(現在の大阪市中央区:元の同社大阪支店の所在地)[1]に置かれた。1941年(昭和16年)に日本初の投資信託業務の認可を受け、リサーチ機能のインハウス化によるグループ経営の効率化を目的として、野村総合研究所のもつ証券調査・市場調査などのリサーチ部門の一部を再編し、1997年(平成9年)に金融研究所(現在の金融経済研究所)を設置しました。

外国為替証拠金取引のことをFXといいます。

会社沿革

  • 1946年(昭和21年):東京に本社を移転。現在の日本橋本店旧館(日本橋野村ビルディング)は、もともとは野村生命(後の東京生命・現:T&Dフィナンシャル生命)本社社屋として昭和5年に建設、野村銀行(大阪野村銀行より改称)東京支店などを経た後、戦後GHQの接収を受け一時リバービューホテルと言うホテルの建物となった。
  • 1949年(昭和24年):東京証券取引所正会員となる(当時の社長は奥村綱雄)。瀬川美能留が社長であった1961年(昭和36年)に株式を東京証券取引所・大阪証券取引所・名古屋証券取引所に上場し、1965年(昭和40年)に調査部を分離独立させて株式会社野村総合研究所 (NRI) を設立している。戦後における今日の野村證券の土台を築いたのは、「ダイヤモンド経営」を標榜した奥村綱雄と瀬川美能留のコンビで、さらに瀬川から野村證券社長のポストを引き継いだ北裏喜一郎は、その基盤をさらに強固なものに仕上げ、今日の国際化時代に大きく飛躍させた。野村證券の国際化志向の経営戦略は、創業以来の伝統と見るむきもあるが、北裏喜一郎の徹底した国際化政策が奏功した。後任の田淵節也は、日本経済新聞の私の履歴書で当時のことを回顧した。その後の後任社長に田淵義久が就任したため、同姓の社長となり大田淵、小田淵といわれている。
  • 1991年(平成3年):株取引に伴う損失補てん問題により、当時の社長であった田淵義久が引責辞任。1997年(平成9年)には、総会屋に対する利益供与事件により田淵義久の後を継いだ酒巻英雄が引責辞任した。
  • 1997年:総会屋利益供与事件と大蔵省接待汚職事件により家宅捜索を受け、野村証券の元副社長と元常務が贈収賄容疑で逮捕される。
  • 2001年(平成13年):株会社移行に伴い野村證券と持株会社の野村ホールディングスに機能を分割。旧野村證券が野村ホールディングス(持株会社)に衣替えし、新たに旧野村證券が行っていた証券・付帯業務を行う事業会社、新・野村證券が設立され資産等の移転が行われた。
  • 2004年(平成16年):野村ホールディングス傘下の独立した法人として野村資本市場研究所を設立した。
  • 2005年(平成17年):12月25日で創業80年を迎えた。
  • 2006年(平成18年):4月1日より連結グループ名称を「野村証券グループ」から「野村グループ」に変更した。
  • 2008年(平成20年):3月4日にサブプライムローンに端を発した信用収縮で一気に会社の若返り人事を発表。氏家純一(野村HD会長)以降の野村を支えてきた経営陣が一線から引き、野村証券に執行役副会長のポストを4人置く新体制が発足。
  • 2008年(平成20年):10月14日には、野村ホールディングスとしてグループCOOの柴田拓美の指揮の下、サブプライムローン問題により破綻したリーマン・ブラザーズ(以下、リーマン)のアジア・パシフィック地域部門の雇用等の継承を完了したと発表した。また、リーマン日本法人は野村證券が継承した。
  • 2012年7月:野村證券社員の度重なるインサイダー事件関与の責任を取り、渡部賢一グループCEO(最高経営責任者)と柴田拓美グループCOO(最高執行責任者)が辞任した。10月には、日本証券業協会が野村証券に対してインサイダー取引の罰金として過怠金3億円を課すことを発表した。

事業のつながり

野村證券は近年では傘下の旧国際証券(後の三菱証券・現:三菱UFJ証券ホールディングス)を証券部門の強化を目指していた旧三菱東京フィナンシャル・グループ(現:三菱UFJフィナンシャル・グループ)に売却したということもありました。もともとは、旧三和銀行(後のUFJ銀行・現:三菱東京UFJ銀行)や日本生命(同じく旧三和との繋がりが強い)との繋がりが強く、旧東洋信託銀行(後のUFJ信託銀行・現:三菱UFJ信託銀行)は三和銀行、神戸銀行(現:三井住友銀行)と共に設立した会社でした。さらには、現在は高島屋の完全子会社となっている東神開発の設立に高島屋のほかに日本生命や同社が合弁設立に関わったり、東洋情報システム(現:TIS)やみどり会など、旧三和グループ関係の共同事業へ参画することも多かったといえます。

野村ホールディングス株式会社

野村ホールディングス株式会社は、東京都中央区に本社を置く日本最大の投資銀行・証券持株会社です。キャッチコピーは「Basic&Dynamic」です。

会社沿革

  • 1925年12月25日:株式会社大阪野村銀行(現りそな銀行)の証券部から分離して設立。
  • 1946年12月:本店を東京に移転。
  • 1961年10月:東京証券取引所・大阪証券取引所・名古屋証券取引所に上場。
  • 2001年10月 持株会社への移行に伴い、野村ホールディングスと野村證券に機能を分割。
  • 2003年6月:委員会等設置会社へ移行。
  • 2005年12月:創業80周年を迎える。
  • 2006年4月:グループ名称を野村証券グループから野村グループに改称。
  • 2006年5月:インターネット専業のジョインベスト証券を開業。
  • 2008年9月:経営破綻したリーマン・ブラザーズのアジア・太平洋・欧州・中東部門(北米と韓国を除く全地域)を買収。
  • 2009年6月:リテール債増資予定。
  • 2011年5月:持分法適用会社であった野村土地建物の株式を追加取得し、子会社化。これに伴い、野村不動産ホールディングスが当社の特定子会社となった。
  • 2011年7月:株式交換により、野村土地建物を完全子会社化。